「みんなの手に入るロボットを作りたかった」ロモーティブ社CEO ケラー・リノード氏インタビュー

ロモーティブ(Romotive)社の「ロモ(Romo)」は、スマートフォンが小型戦車のかたちをしたドッキング・ステーションに載っているといった構成のロボットだ。このロモは、プロトタイプ時にクラウドファンディングのキックスターターで大人気を得て製品化へ進み、その後同社はスタンフォード大学のベンチャーファンドやセコイヤキャピタルなどから総額650万ドルの投資を受けた。

ロモは、コンピュータやモバイル・デバイスからの操作が可能で、回転や走行しながら写真やビデオを撮影できるほか、顔認識機能でユーザーを見分けて表情を作ったり、音楽のリズムに併せて動いたりする。また、電池が切れると自律的に充電ステーションへ向かう。

スカイプなどのテレコン機能を利用すればテレプレゼンス・ロボットとなるし、カメラを遠隔地から起動させることでセキュリティー・ロボットとしても役に立つ。オープンプラットフォームで、デベロッパーたちのアプリ開発も進む。150ドルの多機能おもちゃロボットとして、大きな注目を集めている製品だ。

同社CEOのケラー・リノード氏に、ロボニュースがインタビューした。

P1000365

ケラー・リノード(Keller Renaudo) ハーバード大学では、経済学と社会学を専攻しながら、ヤーコブ・ベネンソン教授の元でRNAやDNAを利用したバイオ・コンピュータの研究に携わった。2009年の卒業後は、スタートアップのジョブスパイス(JobSpice)社を経て、2011年にロモーティブ(Romotive)社を共同創設。26歳。

Q.  そもそもロボット分野とは、どんなつながりがあったのですか?

A. 実は、ロボットの専門知識はありませんでした。ただ、ロモーティブ社の共同創設者であるピーター(・シード)は機械エンジニア、またフー(・ニューエン)はソフトウェア・エンジニアかつデザイナーです。僕自身は、システム・デザインの知識が少々あり、またスタートアップの経験もあった。みんなで技能を持ち寄ったというところです。

Q. ロモのアイデアはどこから来たのですか。

A. 最初からロボットを作ろうとしていたわけではありません。スマートフォンを頭脳部分にして何かできないかと話し合っていたんです。そして3人でロモのプロトタイプを作ったら、けっこういけるんじゃないかということになった。2011年のことです。ただ、プロトタイプを回りの人たちに見せたら、スマートフォンは高いものなのに、こんなものに載せたら壊れたりして、無謀だと言われました。

Q. その後、キックスターターで資金を募るわけですね。 続きを読む »


Baxter(バクスター)のクロースアップが

MITテクノロジー・レビューのサイトに出ているのは、リシンク・ロボティクス社の「ブルーカラー・ロボット」バクスターのクロースアップ。全容はここで。

Baxter

一緒に並んで仕事をする工場作業員が、バクスターに腕の動きを教えて、それをボタンでレジスターするという簡単さも売りだ。顔の表情もいろいろあって、それによって作業のステータスがわかるようになっている。

しかし、外見は単純に見えるが中味はやっぱりロボット。


人は、ロボット虐待に感情が揺さぶられる

ドイツのデューイスブルク・エッセン大学の脳科学者らの研究によると、人はロボットが虐待を受けている様子を見ると、否定的な感情がわき起こってくるのだという。

この研究は、fMRI装置をつけた被験者が、恐竜ロボット「プレオ」が逆さ吊りされたりプラスティック袋を頭からかぶさられたりしている上のようなビデオを見せられた。その結果、脳は女性が虐待を受けているビデオに似た反応を見せたという。

人はロボットに感情移入し、ロボットは老齢者や子供のコンパニオンとして寄り添う。そんなロボットと人間の関係がありえることが、証明されたということになる。

『IEEE Spectrum』の記事は、ここ


人+ロボット+ソフトウェアのトーナメント番組。勝者は共にインテル社員の父娘チーム

今シーズンSyfyで放送されていたシリーズ番組『Robot Combat League』は、人とロボットとソフトウェアが団結して闘うというもの。

syfy robot

ロボットを動かすのは、ロボット・ジョッキーと呼ばれるパワースーツを着た人間。ジョッキーのからだの動きに連動して、大きなロボットが闘牛よろしく観客の前で闘うという趣向だ。

チームは全部で12組。それぞれジョッキーとソフトウェア・エンジニアの2人組で、エンジニアにはNASAやおもちゃ会社のマテルの社員もいる。ロボットは各チームが手作りしたものだ。それが毎週、勝ち抜き戦を闘っていった。

syfy.2

今シーズンの勝者は、インテル社員の父娘チーム「クラッシュ」。できのいいロボットやうまくできたソフトウェアに、グラデュエーター並みの野蛮さと身体感覚が重なる。こんな闘いが本当のことになるとは……。ちょっと映画の中の悪夢のようである。


いつも出てくるテーマ「ロボットは職を奪うか?」(イベント・レポート)

4月11日午後、ビジネス情報サイト「Xconomy」の主催によるロボット会議『職場を変えるロボット(Robots Remake the Workplace)』が開かれた。

この会議のテーマの背景にあるのは、ロボットがアメリカの職を奪っていくのではないかという世間の疑問に対する回答を探ろうという意図である。アメリカでは、90年代後半から顕著になった製造のアウトソーシングによって、中国やインドに職を奪われて失業者が増え、加えて製造業がこの国からなくなりつつあることに対する危惧がある。ロボットがそれをさらにダメ押しするのではないかと怖れられているのだ。

参加者は、産業ロボット、医療関連ロボット、テレプレゼンス・ロボットなどの開発者、そしてロボットに投資するベンチャーキャピタル会社など、現在のアメリカのロボット業界を代表する顔ぶれが揃った。

参加者の多くが口にしたのは、今年1月に人気テレビ番組『60 Minutes』(ビデオはここから)で放映されたロボット特集である。この番組のトーンは、いずれロボットがアメリカの労働者に取って替わるだろうという暗い予想に終始している。参加者の中には番組中でインタビューを受けた面々も含まれているが、取材中はそんなことになるとは予想していなかった模様。一般大衆にこうしたロボットのネガティブなイメージが広まってしまうのは非常に残念だ、という口々に述べていた。

とは言うものの、ではロボットは本当に労働を奪うものではないのか、あるいはアメリカに製造業を取り戻す契機となるのかという問いに対しては、誰もはっきりした回答を持ち合わせていない。それよりもこの会議で目立ったのは、ロボットの役割をユニークな方法で再定義しようとする姿勢だった。

リシンク・ロボティクス社創設者でCTOのロドニー・ブルックス氏は、「工場作業員を補強(オーグメント)するロボット」という表現で、同社製品のバクスター(Baxter )を紹介した。

バクスターの説明をするブルックス氏

バクスターの説明をするブルックス氏

バクスターは人のそばにいても安全というのが謳い文句(リシンク社のサイトより)

続きを読む »


シリコンバレー恒例「ご近所ロボット・パーティー」開催

シリコンバレーで、第4回「ロボット・ブロックパーティー」が4月10日に開かれた。

ブロックパーティーとは、住宅地で近所の住民が集まり、外でバーベキューなどをしながら行う気軽なパーティーのこと。このロボット・ブロックパーティーも、シリコンバレーにいる近所のロボットたちを集めて楽しくやろうという趣向だ。

集まったのは、大小さまざまなロボット。産業用、医療用、障害者支援型ロボットなどもあれば、学習用ロボット、ロボット学習セットなどの教育関係、はたまた洗濯物を畳むロボット、ブリスビー発射ロボットなど、意表をつく実験作も多々見られた。

P1000265

ロボット・ブロックパーティーの会場となったのは、VAIL。スタンフォード大学で最先端の自動車研究が行われている場所だ

この週は、全米を挙げての「ロボットウィーク」で、各地でロボット関連のイベントが目白押しだった。シリコンバレーではこのブロックパーティーの他に、スタンフォード大学法学大学院でのロボット・ビジネスの法的課題についての会議、別にレポートする『Xconomy』の会議が開かれた。前者には参加できなかったが、別の機会にパネリストらの意見を聞きたいと思う。

ブロックパーティーと同じ日には、やはりスタンフォード大学内で『クールプロダクト・エクスポ2013』が開かれ、面白いアイデア溢れる製品を作るスタートアップがテーブルを並べていた。中には、センサー技術を用いて水やりのいらないハーブの鉢植えや、タブレットを用いたテレプレゼンスロボットの開発企業もあった。当日は、ふたつのイベントの間をシャトルが走り、両方のイベントを楽しんだ参加者も多かったようだ。

さて、ロボットプロックパーティーの中から参加ロボットをいくつか紹介しよう。 続きを読む »


無人航空機(Drones)は、もうすぐそこに(イベント・レポート)

去る3月19日、スタンフォード大学で『無人航空機:商業時代の幕開け(Drones – The commercial era takes off)』というイベントが開かれた。

主催したのは、VLAB。起業を促進するためのNPOであるMIT(マサチューセッツ工科大学)エンタープライズ・フォーラムのシリコンバレー支部だ。最新のテクノロジーの動向から起業家の心得まで、広くアントレプレナーシップに役立つイベントを開催している組織である。

無人航空機は、英語ではDroneともUAS(Unmanned Aircraft Systems)、UAV(Unmanned Aerial Vehicles)とも呼ばれ、現在その規制やプライバシー問題が取りざたされている最中。それでも、パネルディスカッションには、一般消費者向け、軍事用、産業向けにそれぞれ無人航空機を開発している企業と、この分野に投資するベンチャーキャピタル会社から5人が参加し、ひとことで無人航空機と言っても、すでに多様化が進んでいることを思わせる顔ぶれとなっていた。

参加者は以下の通り。

・司会 クリス・アンダーソン(元『Wired』誌編集長、3Dロボティックス社CEO)

・ヘレン・グレーナー(サイファイワークス社CEO、iRobot社共同創設者)

・ジャック・シルドーン(ラックス・キャピタル社

・マシュー・ポブロスケ(BAEシステムズ社無人航空機プログラム・ディレクター)

・ジョナサン・ドーニー(エアウェア社CEO)

左からアンダーソン、グレーナー、シルドーン、ドーニー.ポブロスケの各氏

続きを読む »


ロボニュースが始まります!

このサイトでは、アメリカのロボット関連の動向をお伝えします。

最新ロボット技術の動向、ロボット企業やスタートアップの動き、研究開発などを、独自の取材やインタビューなどを通してレポートします。ロボット関連のニュースも、順次掲載します。

どうぞご期待を!