ストライカー社が、手術ロボットのマコ・サージカル社を15億5000万ドルで買収

歴史ある医療機器メーカーであるストライカー社が、手術ロボットを開発するマコ・サージカル社を16億5000万ドルで買収した。ロイターが伝えている

マコ・サージカル社は2004年創設で、膝やヒップの整形外科インプラントの挿入を自動化したロボットを開発する。ロボティック・アームを利用して厳密な手術ができる技術だ。

今回の買収では、マコ社株に86%ものプレミアムを加えた価格となっているが、両社の相乗効果には大きな期待が寄せられている。また、これによって医療機器関連の買収額が、今後高くなる影響も出ると予想されるという。

マコ・サージカル社のシステム(http://www.makosurgical.comより)

マコ・サージカル社のシステム(http://www.makosurgical.comより)