「ユーラスロン2013」の勝者発表!

先だってお伝えしたヨーロッパ版のロボティクス・チャレンジ「ユーラスロン(EURATHLON)」の勝者が発表された。『ロボハブ』が5日間の過程と共に、詳しく伝えている。下ビデオは5日目と表彰式の様子。

4部門の勝者は次の通り:

・危険物取り扱いの移動型操作

1等:Telerob(ドイツのテレロブ社)

2等:ELP(ドイツのELP社)

3等:SPACEAPPS(ベルギーのスペース・アプリケーション・サービス社)

・都市構造の調査と監視

1等:ELP(ドイツのELP社)

2等: Telerob(ドイツのテレロブ社)

3等:IMM-IAIR(ポーランドの数学機械研究所とロボット自動操作研究所)

・煙が充満した地下構造内での捜索および救援

1等:Telerob(ドイツのテレロブ社)

2等:ELP(ドイツのELP社)

3等:ENSTABブリターニュ(フランスのESTAブリターニュ研究所)

・GPS、GLONASS、GALILEOを利用した自動ナビゲーション

1等:MuCAR(ドイツのミュンヘン連邦軍大学)

2等:RIS(フランスの国立科学研究センター)

3等:NAMT(ロシアの国立モスクワ大学)

・追加賞

最優秀科学解決賞:RIS(フランスの国立科学研究センター)

最優秀創造的解決賞:NAMT(ロシアの国立モスクワ大学)

最優秀チームワーク賞:E15(ドイツのエッセン応用科学大学)

ビデオを観ると、のんびりした競技会のように見えるが、それまでそれぞれのロボット開発に込められた努力は多大だ。

企業として参加し各賞を獲得したELPとテレロブは、賞金(いくらかが不明)を各部門の最高位を獲得した大学に寄付したという。ユーラスロンは来年はイタリアで開催されるとのことである。