エニーボッツ社がテレプレゼンス・ロボットでポリコム社と提携

ユーモラスなテレプレゼンス・ロボット、QBロボットで同市場にいち早く乗り出していたエニーボッツ社が、電話会議やビデオ会議機器システムで知られるポリコム社と提携して、新しいテレプレゼンス・ロボット、Q(X)を発表した。『ユーバーギズモ』が伝えている

エニーボッツ社のテレプレゼンス・ロボットは板型(http://spectrum.ieee.org/より)

エニーボッツ社のテレプレゼンス・ロボットは板型(http://spectrum.ieee.org/より)

Q(X)は、テレプレゼンス・ロボットとは言え、板にモニターとカメラ、車輪がついたようなあっさりとした形状。ディスプレイが異なる3モデルがあるらしく、横型ディスプレイが上下に2つ付いたもの、1つのもの、そして縦型ディスプレイが1つついたものだ。カメラは720ピクセルと1080ピクセルのいずれかをスイッチ1つで選べる。

本体には、ポリコン社製のマイクロフォンが取り付けられ、障害物を避けるためのレーザー・スキャナーLIDAR、センサー、下向きのカメラもある。操作はブラウザーから行うという。多少デコボコの平面でも走行可能で、最高速度は時速5キロ。