1枚ずつ味の違うクッキーを準備するロボット。ホビイストの作

味にうるさい人にとっては、同じチョコレートチップ・クッキーでも材料の微妙な違いが気になるだろう。

コンピューター・プログラマーでホビイストのベン・クラスノウ氏が作ったのは、チョコレートチップ・クッキーの各材料の分量を少しずつ変えて、味見するのを可能にするロボット。「シンギュラリティー・ハブ」が伝えている

ビデオには回転して、小麦粉、ブラウンシュガー、チョコレートチップなどを入れてくれるロボットが映っている。まだ混ぜる機械までは作りきれていない模様で、マニュアルに混合。そして焼くのも別建ての工程だ。

ひとつひとつ調合の異なるクッキーを焼いた結果、小麦粉は少々多くてもバサバサにならず、返って全体をしっかりとまとめる役割を果たすとのこと。このロボットのおかげで30種類の味が一度に試せると、クラスノウ氏は喜んでいる。そもそもパーフェクトなクッキーのレシピを求めて始まったロボット作りだ。探求精神旺盛な方である。

それにしてもこのロボット、他の食べ物にも使えそうだ。