ウィロー・ガレージが正式に閉鎖

ウィロー・ガレージが先月、正式に幕を閉じた。創設者のスコット・ハッサンがフルタイムでスータブル・テクノロジーズ社のCEOに就任して、ウィロー・ガレージは役割を終えたという。『ビジネスウィーク』が伝えている

同記事では、ウィロー・ガレージの歴史を簡単に解説。同時に、キーパソンらがその後どこへ行ったのかのリストも掲載。優秀なロボット研究者が集まっていただけに、彼らの今後がシリコンバレーのロボット産業をさらに押し上げることだろう。

ウィロー・ガレージ研究者のディアスポラは、シリコンバレーのロボット産業の新しい波? (http://www.businessweek.com/より)

ウィロー・ガレージ研究者のディアスポラは、シリコンバレーのロボット産業の新しい波? (http://www.businessweek.com/より)

ハッサンは、スタンフォード大学博士課程在学中にグーグルの創設に協力している。ウィロー・ガレージのスピンオフや投資先であるいくつかのロボット会社(インダストリアル・パーセプション社、レッドウッド・ロボティクス社、メカ・ロボティクス社)がグーグルに買収されたというのも、感慨深い。

『エンドガジェット』は、PR2やタートルボット2に続くロボットが見られないのは寂しいが、オープンソース・ロボットのコードが生んだ成果は今後も意識され続けるだろうと述べている