人間業を超えるドラマーの義手

片腕をなくしたドラマーが、ロボット・アームの義手によって演奏を再開し、さらに人間の技能を超えるドラミングをするのを実現した。『IEEEスペクトラム』が伝えている

これはジョージア工科大学の音楽テクノロジー・センターのディレクター、ギル・ワインバーグ教授による開発。同教授は、これまでも人間のミュージシャンとシクロナイズするロボット・プレーヤーを作ってきた。

このロボット・アームには2本のドラム・スティックがつけられている。1本はプレーヤーの腕からの物理的なコントロールと上腕からのEMG(筋電信号)を認識し、スティックのバウンスを調整するグリップの力をコントロールする。

もう1本は音楽を聴いて独自に即興演奏をする。こちらは、高速でビートするなど、人間業を超えたプレーも可能だ。下のビデオに映っているドラマーのジェイソン・バーンズ氏は、数年前に肘から下の片腕をなくし、ドラムを叩きたくて自分で義手も作った。だが、自分の手首や指ほどにスティックをうまくコントロールできなかったという。

ワインバーグ教授は、いずれこのロボット・アームをプレーヤーの脳信号に直結させ、プレーヤーの意図を予測するようなしくみにしたいという。それが実現できれば、このシンクロナイズ技術は音楽だけでなく、複雑な手術や宇宙飛行士のタスクなどにも使えるはずだという。

ジョージア工科大学のリリースはここ