ロボットとサイバー・ロー(サイバー法)の関係

ロボットが身の回りに増えるにつれ、ロボットの行動についての規制も考えるべき課題だ。ワシントン大学の法律大学院のライアン・カロ教授は、まさにそうした新しい分野の法律を研究している。『ロボティクス・ビジネス・レビュー』が報じている

ロボットのサイバー・ローを研究するワシントン大学のライアン・カロ教授

ロボットのサイバー・ローを研究するワシントン大学のライアン・カロ教授

サイバー・ローは、インターネットと法律が交わる領域で、カロ教授はコンピュータやインターネットとも異なる特質を持つロボットにも、独自の法律が必要になると説いている。同教授の論文ドラフトはここにあるが、「embodiment(データの形象化)」、「emergence(創発性、自律性)」、「社会的意味」という点から考察を進めるようだ。

同教授はフィードバックも歓迎するとのこと。