ハプティック・フィードバックを備えたロボットアームによるリハビリテーション

ロボットを用いたリハビリが注目されているが、マサチューセッツ州のバレット・テクノロジー社のロボットアームが、シカゴのリハビリテーション・インスティテュートのロボティクス・ラブで用いられている。

ここでは、簡単な3Dプロジェクション・システムを用いて、上肢の麻痺した患者の前に矢印やボールを表示し、それをめがけて患者がロボットアームを動かすというもの。その際にセラピストがロボットの力や動きを設定でき、機能の回復を促進する。

この開発では、セラピーの設計からモニター、評価までを一貫してセラピストがコントロールできるのが利点。また、楽しみながらリハビリが行えるようなしくみが重要という。

リリースはここに。