ヒッチハイクで大陸横断に挑むロボット?

カナダの東海岸ハリファックスから西海岸のヴィクトリアまで、ヒッチハイクを計画しているロボットがいるという。『アトランティック』が伝えている

こんなロボットが道路脇で手を挙げていたら、思わず乗せたくなる?(http://www.hitchbot.me/より)

こんなロボットが道路脇で手を挙げていたら、思わず乗せたくなる?(http://www.hitchbot.me/より)

このヒッチボットは、ライアソン大学のフラウケ・ゼラー博士とマックマスター大学のデヴィッド・スミス准教授らの研究者グループが作るもので、バケツの胴体にウェリントン・ブーツを履き、キッチン用ゴム手袋をした奇妙な外見。この夏、路上で拾ってくれる車を乗り継いで大陸を横断する予定という。

通常、ロボットはどれだけ人間を助けてくれるのかが話題になるのだが、ヒッチロボットは、どれだけ人間がロボットを助けてくれるのかを測る「社会実験かつアート」であるという。何とも愉快な計画だ。

ただ、見かけはおかしいが、ヒッチボットにはマシーン・ヴィジョン、マイクロフォンが搭載され、動作検出と音声認識が可能。さらに、ウィキペディアを学習済みで、人間と会話もできるという。とりあえず、同乗させてくれたドライバーにはまず「シガーソケットで充電して下さい」とお願いするのだという。

ヒッチハイクの旅は、7月27日にスタート。その様子はインスタグラムツイッターでフォローできる。