ワールドカップのテクノロジー図解

『IEEEスペクトラム』が、ワールドカップで用いられているテクノロジーを図解で説明している

Robot - world_cup_tech

 

キックオフで用いられた電池駆動水圧式のエクソスケルトンでは、足底にフィードバックが感じられるようになっていたこともわかる。

また、ゴールでは高速カメラが7台設置され、得点が正確にわかるようになっているようだ。画像処理では、ボールだけを最大5ミリの誤差内で三次元で捉え、得点した際には、審判が腕に付けたウェアラブルに振動と工学信号が送られるという。