ペンギンを観察するペンギン・ロボット

動物の生態を研究する人々にとって、動物を怖がらせず、怒らせず、自然のままに観察するのは重要なポイントだ。邪魔をすると、子づくりにも影響を与えてしまうほどという。

そこでロボットの登場となるのだが、『IEEEスペクトラム』がペンギンの群れを観察するペンギン・ロボットについて伝えている

Robot - penguin

上手に仲間入りして、誰も気づきません(http://spectrum.ieee.org/より)

続きを読む »


エクソスケルトンにはソフト・ロボット技術を

『ロボビジネス』は、2014年がエクソスケルトン(外骨格)開発には大きな転換期になったと伝えている

Robot - exoskelton

軽量で動きやすいソフトなエクソスケルトンの実用化が待たれる(http://www.roboticsbusinessreview.com/より)

続きを読む »


こんな家庭用ロボットもあり

家の中を動きまわり、壁にテレビ番組や映画をプロジェクトしたり、子供部屋のモニタリングをしたり、防犯のために警備をしたりするロボットが開発された。『ザ・ヴァージ』が伝えている

Robot - keecker

続きを読む »


豪華クルーズには、やっぱりロボット・カクテル

マサチューセッツ工科大学(MIT)のセンサブル・シティー・ラボで開発された、カクテル・ロボットのメイカー・シェイカーが、11月から豪華クルーズ会社、ロイヤル・カリビアンのクアンタム船に乗っている。

続きを読む »


西アフリカのエボラ治療に送られる、初めてのロボット

エボラ感染が広がる西アフリカに、初めてテレプレゼンス・ロボットが送られた。

送り込まれたロボットは、VGo 社の製品。医療関連のテクノロジーと情報プラットフォームを提供するヴェクナ社のパッケージのひとつとして含まれているようだ。『コンピュータ・ワールド』が伝えている

西アフリカに送り込まれたテレプレゼンス・ロボット(http://www.vgocom.com/より)

西アフリカに送り込まれたテレプレゼンス・ロボット(http://www.vgocom.com/より)

続きを読む »


ロボットを勉強するためのビデオをいくつか

最近開かれたロボット関連のイベントの記録ビデオがいくつかウェブ上に掲載されているので、ご紹介しておきたい。

Robot - videos

続きを読む »


ロボットアームで3Dプリントする建造物

スウェーデンを本拠とする建設会社スカンスカと、イギリスのラフボロー大学の革新的製造および建設研究センター、有名な建築設計事務所であるフォスター・アンド・パートナーズが協力して、3Dプリントできる構造物のためのロボット装置やデザインを設計している。『アーキデイリー』が報じている

建物も3Dプリントできる時代に(

建物も3Dプリントできる時代に(http://www.lboro.ac.uk/より)

続きを読む »


テレプレゼンス・ロボット、デモ・ルームから逃走

テレプレゼンス・ロボットを開発するダブル・ロボティクス社は、ロボット操作を試してみたい人々のために自社内にデモ・ルームを設けている。そこから抜け出して逃走を試みたテレプレゼンス・ロボットがいたと、『ビジネス・インサイダー』が伝えている

続きを読む »


ロボストックス(ROBO-STOX)はヨーロッパでも公示

主立ったロボット公開企業の株をまとめたロボストックスについては、以前お伝えしたことがあるが、10月末からヨーロッパでも公示されている。『ザ・ロボット・レポート』が伝えている。取引されているのは、ロンドン株式市場。

ロンドン株式取引市場での公開で鐘を鳴らしたのは、クカ社のロボット(http://www.therobotreport.com/より)

ロンドン株式取引市場での公開で鐘を鳴らしたのは、クカ社のロボット(http://www.therobotreport.com/より)

ロボストックス・グローバル・ロボティクス&オートメーションUCITS指数は、82社のロボット開発企業株から成り、そのうち47%は産業ロボット、33%は情報テクノロジー産業、11%は医療サービス産業、5%はエネルギー産業、4%は一般消費者向け産業という。


ビーボップ・ドローンで、イマーシブな飛行体験を

人気のドローン開発会社パロット社が、12月1日に発売する新しいビーボップ・ドローン。この製品のテスト飛行を『IEEEスペクトラム』がビデオで伝えている

続きを読む »