アマゾンのピッキング・チャレンジに応募しよう!

アマゾンは、配送のためのロジスティクスの最大限効率化にいつも注力していることで知られる。配送センター内で棚を持ち上げて、箱詰め作業員のもとまで運ぶロボット技術を開発したキヴァ・システムズ社を、2012年に買収したのもご存知だろう。

しかし、今でも棚から目的の商品を自動的に取り出すピッキング技術は、ロボット業界でも難問中の難問。そこで、アマゾンはこのピッキング・ロボットの開発者を対象とした「第1回アマゾン・ピッキング・チャレンジ』というコンテストを開催するという。チャレンジは、来年シアトルで開催されるICRA 2015(5月26〜30日)で行われる予定。

人間と同じようにピッキング作業ができるこんなロボット募集中(http://amazonpickingchallenge.org/より)

人間と同じようにピッキング作業ができるこんなロボット募集中(http://amazonpickingchallenge.org/より)

目標とするのは、非構造的環境における自動ピッキング装置で、商用可能なもの。チャレンジ当日は、棚の中から特定の商品を取り出してテーブルの上に置くことが求められる。オブジェクト認識、ポーズ認識、把握プラニング、コンプライアント・マニピュレーション、モーション・プラニング、タスク・プラニング、タスク遂行、エラー・ディテクション、リカバリーなどの機能が求められる。

Robot - amazon_picking_challenge_2

こういったアイテムを正しくピッキングすることが求められる。全アイテムは、このウィッシュリストに。

 

1〜3等受賞者には、総額2万6000ドルの賞金が与えられる。おそらく事前選考を行うものと見られるが、一部応募者には、ICRA 2015への旅費、ロボットの運搬費が最大6000ドル与えられることもあるようだ。

また、リシンク・ロボティクス社(バクスター)、クリアパス・ロボティクス社(PR2)、オリンパス・コントロール社(ユニバーサル・ロボッツ)などはディフォルトのロボット・プラットフォーム提供者として応募者への協力に同意しているとのこと。もちろん、別のハードウェア・システムを利用しても構わない。

アマゾンは、このチャレンジで産業とアカデミックな研究との橋渡しをし、オープンなソリューションを促進したいとも述べている。ぜひ応募していただきたい。

詳しい応募要項は、ここに。