うちのウェイトレスは、ドローンです

シンガポールで、ドローンが料理をサーブするレストランが出現したようだ。『フォックス・ニュース・ラジオ』が伝えている

クアドロコプターがお料理を運びます(http://radio.foxnews.com/より)

クアドロコプターがお席まで料理を運びます(http://radio.foxnews.com/より)

このドローンは、インフィニウム・ロボティクス社製。写真を見ると、クアドロコプターのてっぺんにお盆のようなものを載せ、客の待つテーブルまで飛んで行くようだ。食ビジネスを経営するティンブル・グループの5つのレストランで、2015年末までに全展開する予定という。

この2社は、生産性向上技術を対象とした政府の補助金を申請中とのことで、これが得られたら開発費の一部に充てる。シンガポールでの労働力不足の解決策として有望のはずと、インフィニウム・ロボティクス社CEOのウーン・ジュニャング氏は述べている。

ドローンの屋外飛行はまだ何かと規制による制限が多いが、屋内ならば自由。レストラン以外にも、まだまだおもしろい使い方があるかもしれない。

ところで、レストラン・ロボットと言えば、よく出てくるのが中国。たとえば『エンドガジェット』はこんな店を伝えている

定められたルートの上を走るロボット型列車という風情。だが、子供たちの受けは抜群のようだ。同店では、シェフもロボット。中国では、この手のロボット・レストランが増えているようだ。

同類のビデオはここに。