ソフト・ロボット技術のコンペが2つ

先にご紹介したハーバード大学のソフト・ロボティクス・ツールキットが、2つのコンペを開催するようだ。

Robot - soft_robotics_competition_1

ひとつは、「ソフト・ロボティクス・デザイン・コンペ 2015」で、学生、もの作り愛好家、デザイナーら、広くロボット開発者を対象としている。条件は、ツールキットにあるコンポーネントを最低1つ組み込むこと。全体がソフト・ロボットでも、部分的にソフト・ロッボット技術を用いたものでも、どちらでもいいようだ。

登録はすでに12月1日に開始され、登録締め切りは2015年2月1日。プロジェクトはwikiへの書き込みで行われるようで、2015年6月16日まで書き込み可能。受賞者は7月15日に発表される。1等賞には3000ドル、2等賞、3等賞には100ドルずつ授与される。

もうひとつのコンペは、「ソフト・ロボット研究への貢献賞 2015」で、こちらは研究者が対象。ソフト・ロボティクス・ツールキットに貢献する新しい要素技術(アクチュエーター、センサー、ポンプ、バルブ、制御ハードウェアなど)、コンプライアントな電気機械システムのための新しいモデリングと分析方法、ソフト・ロボットのための新しい制御アーキテクチャー開発などが期待される内容だ。

条件は、すでに学会誌や会議会報などで発表された研究で、2015年6月15日までにソフト・ロボティクス・ツールキットに内容がアップロードされていること。最優秀賞には5000ドルが授与される。

ご関心のある読者は、ぜひ応募していただきたい。