小売ロボット、いろいろ

『BBC』が、最近店頭にお目見えしたいろいろなロボットを紹介している

バジーはショッピングの荷物を持ってついてきてくれるロボット(http://www.bbc.com/より)

バジーはショッピングの荷物を持ってついてきてくれるロボット(http://www.bbc.com/より)

すでにロボニュースでも取り上げたロボットが多いが、ここで触れられているのは以下のロボットたち:

オシュボット: 日曜大工店で客の案内をする。自然言語を理解。商品をカメラにかざすと詳細情報も表示する。(ロボニュースのレポートはここ

ジーボ: 家庭用ロボット。家族一人一人のために役立つサポートをしてくれる(ロボニュースのレポートはここここここ

K5: 警備ロボット。カメラの他に二酸化炭素探知なども可能(ロボニュースのレポートはここ

ペッパー: ご存知ソフトバンクのヒューマノイド。記事の中では、価格(1900ドル)が消費者向けには高い、と指摘する意見を紹介

そして、ひとつだけ目新しいのがファイブ・エレメンツ・ロボティクス社のバジーだ。このロボットは展示会場での様子を何度かご紹介したが、こういう風に使うのかという例が上のような写真で出ている。

バジーは、ショッピングなどの荷物を持ってくれるロボット。ユーザーが身につけた信号機を追跡し、障害物などをよけながらついてきてくれる。空港やショッピングセンターでの貸し出しモデルになるとは聞いていたが、個人向けへの販売も行うようだ。自動車のトランクには折り畳んで入れることができるようだ。値段は不明だが、2015年3月から発売とのこと。

バジーは個人向けにも販売の予定(http://www.bbc.com/より)

バジーは個人向けにも販売の予定。こうやって運ぶ(http://www.bbc.com/より)