ヘビ型ロボットはここまで来ました

ヘビ型のロボットは、パイプのメンテナンスや人が入り込めない狭い場所の管理などの用途に利用されるが、このビデオはOCロボティクス社のスネーク・アーム・ロボット。

少々怖くなるくらいクネクネと動き、伸びてきたのと同じパスを辿って身を縮める様がすごい。

同社は、イギリスのブリストルに本社を持ち、1997年に創業された。最初のプロトタイプを作ったのは2001年という。原子力発電所、航空産業、国防、製造産業などに製品とサービスを提供している。