動作学習、音声認識、モーション・キャプチャー……。恐るべき組み立てロボット「メカノイド」登場

ヨーロッパの組み立ておもちゃ会社メカノ社から、新しいロボット製品「メカノイド(Meccanoid G15 KS)」が登場した。これがとてもインテリジェントである。『ウォールストリート・ジャーナル』が伝えている

フランスに1901年に生まれたメカノ社は、これまで組み立て式のおもちゃ自動車をたくさん製品化してきた。工業部品のようなイメージが、メカニック趣味のファンに人気だった。

同社が今年8月に発売するメカノイドは、それとは様相を異にしている。ちょっとしたインテリジェント・ロボットなのである。

メカノイドは、スマートフォンやタブレットから操作できるアプリがあり、頭や腕の動きをリアルタイムで指示できる。ドラッグ&ドロップ方式で簡単にプログラム可能。

さらに、頭や腕を取って動かせばその動作が再生できるのは、まるで昨今のコー・ロボットのようである。胸の部分にスマートフォンを取り付けてカメラを起動させれば、モーション・キャプチャー機能も発揮する。ユーザーがやったのと同じ動作をメカノイドも行う。一緒に体操ができそうだ。

音声認識機能も備え、「前進せよ」などの簡単な音声指令もOK。指令はカスタム化も可能で、また絶妙なタイミングでジョークを言わせたりなどもできるという。

メカノイドは高さ4フィート(122センチ)と、小学生くらいの身長。動くのは頭部と腕のみ。脚部分は車輪で前後動する。また、ヒューマノイド型だけでなく、恐竜などいろいろなかたちに作り替えることも可能だ。

価格は399ドル。大人にもアピールしそうなおもちゃだ。