タイ料理の質は、ロボットがチェックします

タイ料理は、今や世界中で愛されているエスニック・フードだ。

だが、タイ政府はその質が低下することを怖れているらしい。そこで、出てきたのがタイ料理の質をチェックするロボット。『psfk』が伝えている

Robot - thai

ファンの多いタイ料理だが……。(http://www.tourismthailand.org/より)

このロボットは、政府のスポンサーによって組織された「タイ・デリシャス委員会」が開発した。関わったのはロボット研究者やシェフたち。

見た目はコピー機のようなかたちをしているが、ここへ料理のサンプルを入れると匂いや味を分析。あらかじめ設定されている「本物基準」と照らし合わせて1〜100の得点をつける。本物基準は、多数の味見テストや実際のタイ人の好みのデータベースを元にしている。80点以上でないと、まともなタイ料理と言えないそうだ。ただし、おいしさの測定はできないという。

タイ料理の味を護るためにロボット出動。日本料理は大丈夫?(より)

タイ料理の味を護るためにロボット出動。日本料理は大丈夫?(http://www.psfk.com/より)

タイ料理は、数々のスパイスや魚醤が使われた複雑な料理。それだけにフュージョン風の調理も多いが、このロボットは伝統的な味を判定するためのものという。

タイ・デリシャス委員会は、このお味チェック・ロボットを世界のタイ大使館に1万8000ドルで提供する予定らしい。また、タイ・デリシャスのiPhoneアプリもあり、こちらでは正統なタイ料理のレシピなどが入手可能。

ロボットの使い方は、『ニューヨーク・タイムズ』のビデオをご参考に。