インテューイティブ・サージカル社の苦境

インテューイティブ・サージカル社は、ロボット会社のホープとされてきた。

ロボット研究からスピンアウトして創設された同社は、手術ロボット「ダヴィンチ」を開発。その非侵襲的な利点が多くの病院で認められて、利用が広まっていたのだ。ダヴィンチが用いられる手術の種類も前立腺がんから、子宮がん、胆嚢摘出、子宮摘出などに拡大していった。

ダヴィンチの値段は1台あたり230万ドルと高価だが、同社の売上は10年間に1500%増え、株価は3000%高まった。そんな同社は、ロボット業界ではビジネス・モデルの成功例として、そして医療業界では先端的なテクノロジーの導入を支える例としてよく取り上げられる存在だったのだ。

ところが、同社は昨年からさまざまな障害に直面している。

インテューイティブ・サージカル社のサイトより

手術ロボット、ダヴィンチ(http://www.intuitivesurgical.com/より)

続きを読む »